シリーズ
  • シリーズ

    ビジネス生活の激しさは、女性が仕事の生活、既製服、大量生産を始めることを必要としました. 大量生産を行うために、人々はグループに分けられ、身体測定基準が確立され、生産は最初にワークショップで、次に工場で行われました. 工場での生産段階では、すべての工程が重要であることは避けられません。

     

     

     

     

    レイ22

     

     

     

     

    プレタポルテ(アパレル)全般。

     

     

    • シリーズ
    • セクション
    • 作付け
    • 品質管理
    • 梱包

     

    等。 ステージを含みます。

    敷設の問題は、生産の生産性向上に影響を与える要因のXNUMXつです。

     

    シリーズで使用するツールを以下に示します。

     

    • 下敷き紙
    • ペストリーヘッド切断機
    • ファブリックトラフ
    • クロスハンガー(ボールハンガーツール)
    • ナンバープレート
    • 回転ハンガー
    • 中間サポート テーブル
    • マルチデッキオープニングテーブル

     

    下敷き紙: それは広げられた生地の下に置かれます。 その目的は、必要に応じてテーブル上の生地を他の場所に簡単に移動するために使用される紙です。

     

    • あき
    • 無孔

     

    それはXNUMXつに分かれています。 穴あきマーカー紙は、空気テーブルと真空テーブルで使用されます。 さらに、敷設中に追加の布を使用する場合は、これらの紙が使用されます。

     

    ペストリーヘッド切断機: 手敷きではマーカーヘッドを重ね合わせながら無駄なくカットします。 生地は空で進められ、機械のホルダーが生地を保持し、生地が配置され、配置の開始点になると、機械の切断装置が作動して生地を切断し、グリッパーで保持され、この期間中も敷設が続けられます。 マーカー用に投入された布頭を整列させ、無駄ロスを減らすために使用する機械です。

     

     

     

     

     

     

    レイ1

     

     

     

     

    ファブリックトラフ

     

    敷設する布玉を内部で回転させて簡単に開くことができる敷設補助具で、敷設台に取り付けたり、敷設台と組み合わせて使用​​することができます。 ファブリックトラフを使用すると、レイヤーがファブリックを強制的に引っ張るのを防ぎます. 舗装プロセスの時間を短縮し、舗装テーブルをより効果的に使用できます。 布製のボールは、ボートの中で回転させると簡単に開きます。

     

     

     

     

     

    レイ2

     

     

     

     

     

    クロスハンガー(ボールハンガーツール)

     

    布を敷く方向に合わせて、テーブルの頭にフォークを取り付け、布玉に丸鉄棒を通すだけのシンプルなアレンジです。 布製ボールに鉄棒を通した後、フォークに乗せてXNUMX人で使用。 したがって、布の流れやすさが提供される。 この工程では、対面式の敷設はできません。 このメカニズムの助けを借りて、敷設プロセス フォークで敷くとも呼ばれます。

     

     

     

     

    レイ3

     

     

     

     

     

    ナンバープレート

     

    テーブルの端に配置されたツールで、布地の折り目の一方の端を重ねるのに役立ちます。 サイドバーとも呼ばれます。 特に滑りやすい生地を敷く際に起こりがちな敷き間違いを防ぎます。 この装置をテーブルの端に置くと、生地の一方の端を簡単に重ね合わせることができます。

     

     

     

     

     

    レイ4

     

     

     

     

     

    回転ハンガー

     

    大きな生地のボールを簡単に開くことができる回転運動を備えたツールです。 可動式で、足に車輪が付いているので、ファブリック ボールの運搬と希望のカッティング テーブルの両方に使用できます。 大きなファブリック ボールをテーブルに置くことで、テーブル上で占有する重量とスペースによる問題が解消されます。 主にホームテキスタイルを生産する企業で使用されています。

     

     

     

     

     

    レイ5

     

     

     

     

     

    中間サポート テーブル

     

    これらはホイール付きのテーブルで、敷かれたファブリック層 (Pastalin) またはカット テープをテーブルからテーブルまたは製材所に運ぶために使用されます。 オープン幅の舗装機械を複数のテーブルで使用する場合、移動テーブルを使用してテーブル間を移動します。 移動テーブルはテーブルの幅に合わせて調整され、足に車輪が追加されます。

     

     

     

     

     

    レイ6 

     

     

     

     

     

     

    マルチデッキオープニングテーブル

     

    これは、固定サイドバー、取り外し可能な中間ボール取り付けロッド、および XNUMX つのホイールで構成され、多くのファブリック ボールを開くために使用される舗装補助具です。 多段型のオープニングスタンドは、倉庫からと畜場へ生地を搬送したり、緩衝倉庫として使用したり、オープニング装置として使用したりするなど、さまざまな機能を持っています。 ハンガーの間隔を自由に変えることができるので、さまざまなサイズのファブリックボールに使用できます。

     

     

    ファブリック敷設テーブルと使用エリア

     

     

    裁断される生地やその他の素材は、さまざまな方法で梱包されます。 これらの形状での切断には適していません。 カットできるように、それらを開いて適切に配置する必要があります。 展開テーブルは、ビジネスの規模に応じてさまざまなサイズにすることができます。 ただし、テーブルの表面は滑らかで滑らかで、温度変化に強い必要があります。 テーブルの幅は生地の幅に合わせてください (100cm -250cm)。 ワークショップのサイズに応じて、テーブルの長さ (15 ~ 30 メートル) をできるだけ長く保つ必要があります。 テーブルの高さは調整可能でねじ込み式で、作業する人の身長に合わせて調整できる必要があります。 テーブルの脚は、断面または円形にすることができます。

    固定テーブル

     

    これらのテーブルは分割されており、目的のサイズに合わせて組み立てて使用できます。 テーブルを構成するパーツは連動している必要があり、開口部とパーツの間に高低差があってはなりません。 これらのテーブルを製作する上で考慮すべき点は、テーブルの幅が使用できる生地の幅よりも 20 cm 広いことです。 テーブルの表面素材は、生地を簡単に制御できるように製造する必要があります。 カッターの便宜上、テーブルの高さは 80 ~ 90 cm の間である必要があり、地面に対するテーブルの表面の平行度は水準器で調整する必要があります。

     

     

     

     

     レイ7

     

     

     

     

    真空テーブル

     

    バキュームテーブルは、敷設プロセスが完了した後の切断プロセスを容易にし、布地の滑りを防ぎ、かさばる布地の切断高さを下げるために使用されます。 生地ブロックの最上層をナイロンで覆うと、実際には良い結果が得られます。

     

     

    ニードルテーブル

     

     

    格子縞や縞模様の生地を固定するために手敷きで使用されます。 次の XNUMX つに分けられます。

     

     

    • 固定針生地敷設台: 固定されたテーブルのようなもので、上のテーブルにはふるいに針が入っています。 制御は、手または足の制御によって行われます。 テーブルに置いたときに折り目がズレにくいように、チェック柄とストライプ柄の生地を使用しています。
    • 移動針生地敷設台: このタイプのテーブルの使用原理は、固定針テーブルの使用原理と同じであり、裏地などの滑りやすい材料や多層材料を敷設するために使用されます。

     

     

     

     

     

    レイ8 

     

     

     

     

     

    テーブルの上部テーブルは、片側から可動ジョイントでテーブルのシャーシに接続されており、テーブルをシャーシに直立させることができます。 テーブルを立てた状態で、材料を上部の針に通して加工します。 敷設プロセスが終了すると、テーブルは水平位置に移動します。 この敷設方法は、従業員にとって非常に便利です。 柄物、縞模様、チェック柄の布地の敷設と裁断に使用されます。 モジュール式で、既存のデスクの前面と背面に追加できます。 針の長さも調節できるので使いやすいです。 このように、必要に応じてフラットテーブルとしても使用できます。

     

    サスペンダー付きテーブル

     

    滑りやすい生地を敷くために使用されます。 これらのテーブルの長辺の XNUMX つに布を保持するハンガーが配置されています。 生地を敷く前に、吊りテーブルを垂直位置にします。 マーカーの長さに応じて、可動式のフックが壁に取り付けられています。 生地はテーブルの端にあるフックにかけられます。 生地を置いた後、テーブルを横向きにすると裁断ができます。 ハンガー付きのファブリック敷設および切断テーブルでは、テーブルの脚がテーブルと接する部分の耐久性を高める必要があります。 これらのテーブルはモジュール式です。 業務の都合に合わせて追加・削除が可能です。

     

     

    空気吹きテーブル

     

    これらのテーブルは固定テーブルのようなもので、上部テーブルにふるいのように空気の吹き出し穴があります。 これらの穴は、テーブルの下にある換気フードに接続されています。 アスピレーターによって生成された空気は、これらの穴から出てきます。 このシステムにより、重い生地をわずかな力で動かすことができます。 ラフカットされた生地は、テーブルのエアメカニズムを開くことにより、ファインカットテーブルに移動します。

     

     

     

    レイ9 

     

     

     

     

    投げたケーキを台無しにせずに滑らせるのに使われます。 したがって、切断と敷設作業が同時に行われるため、時間と労力を節約できます。 テーブル上の散布機と生地の重量を簡単に運ぶように設計されています。 主に自動生地裁断機を使用している企業に必要です。 これとは別に、同じテーブルで複数の敷設および切断プロセスを同時に適用したい企業は、エアテーブルを好みます. バキュームテーブルとエアブローテーブルの作業設備は同じです。 真空テーブルは、エアブローテーブルの動作システムとは反対のシステムで動作します。

     

    無限に動くテーブル

     

    このようなファブリック敷設および裁断テーブルの上部テーブルはプラスチック製で、エンドレス バンドの形をしています。 トップテーブルは、テーブルの最初と最後にあるローラーで目的の方向に移動します。 操作はコントロールボタンで行います。 と畜場の業務を一括して行うシステムです。 これらの表は、XNUMX つの主要部分で構成されています。 最初の天板は生地を敷くために使用されます。 このテーブルに投げられたマーカーが切断の準備ができた後、テーブルテーブルはコントロールボタンで前方に移動し、XNUMX番目のテーブルに転送されます。 XNUMX台目のテーブルで荒切りを行った後、再び前進し、XNUMX台目のテーブルに移動して仕上げ切りを行います。 空になったトレイに布を敷いて荒裁断ができます。 これにより、マーカーの移動が容易かつ適切に行われ、屠殺場の効率が向上する。

     

     

    生地の敷設方法

     

    織り方、柄、色、羽毛などに気を配り、生地を重ねていきます。 この布の特性の多様性により、さまざまな敷設方法が開発されました。

     

    生地の敷き方

     

    • 全幅と半幅の敷設
    • チューブ生地の敷設

     

    それはXNUMXつに分かれています。

      

     

     

     

     

     

    レイ21

     

     

     

     

     

    全角と半角の敷き方

     

     

    全幅見開きは、裁断するガーメントの型紙(左右分)を全て含んだ見開きです。

    広く使われているレイアウトです。 半幅見開きとは、裁断する衣服の型紙の半分だけを覆う見開きです。 これは、アパレルを敷く好ましい方法ではありません。 生地の層は回転して内側にスライドできるため、多層敷設はできません。

     

     

    片道敷設

     

    パイル生地の敷設工程。 一方向敷設、一方向上向き敷設、一方向下向き敷設、対面敷設。

    生地がベルベットやフラッシュのように方向性がある場合は、パイルの方向が衣服の同じ方向になるように、片側に置く必要があります. このため、常に生地面を上下逆にして投げます。

     

     

     

     

    レイ10 

     

     

     

    ジグザグスプレッド

     

    この方法は、一般的に二重幅または丸編地を敷くために使用されます。 生地をマーカーの頭で切るのではなく、ジグザグに生地を重ねる工程です。

     

     

    マーカー

     

    大量生産のために互いに積み重ねられ、少なくともXNUMXつのエッジが重なっている生地層のブロックは、マーカーと呼ばれます。 つまり、型紙の柄や羽毛、パイルなど、適用するモデルの特性に応じて、裁断順に従ってさまざまな生地を裁断台に重ねていきます。 ケーキ 呼ばれます。)

     

     

     

    レイ11 

     

     

     

     

    ジグザグ編み方で空つなぎがなく、開き幅、半幅生地どちらにも適用できます。 出発地に行くと敷設が行われるからです。 折り目の表面は常に前の折り目の表面にあるか、または裏面は毎回前の折り目の裏面にあります。 ジグザグ敷き方は、型紙の端で布を切るのではなく、貼り合わせて重ねていきます。 この方法により、方向性のない布地を同じ裏面で敷設する際の作業効率が向上します。 ジグザグに敷く方法の欠点は、生地の方向が層ごとに変わることです。 したがって、パイルや方向性のある生地を敷設するためには使用されません。

     

     

     

    羽の方向に二層敷設

     

    羽の向きのある生地で、羽の向きを考えて作った敷き方です。羽の方向に敷設するには、機械に追加の機器が必要です。 この装置では、ファブリック層を敷設する前に、ファブリック層をカットして回転させます。

     

     

     

     レイ12

     

     

     

     

    段階的な敷設

     

    ファブリックの敷設も段階的に行うことができます。

    同じマーカーに、異なる数のファブリック層と異なる舗装の長さを作成できます。 この方法では、さまざまなサイズからさまざまな数を切り取る機会が提供されます。 たとえば、6 サイズのグラフィックで 2 つのサイズから 200 カット、2 つのサイズから 100 カット、2 つのサイズから 50 カットの場合、最初に 50 層の生地がマーカー全体に配置されます。 次に、50号サイズと100号サイズの全長に沿ってXNUMX枚の生地を重ねます。 最後に、XNUMX層の生地が最初のボディに沿って配置されます。 このシリーズの欠点は、パステル画で異なるサイズのテンプレートをネストできないことです。

     

     

     

     

    レイ13 

     

     

     

     

    非対称敷設

     

    それは、異なる布地を個々に敷き詰め、絡み合わせる技法で作られた敷き方です。 同じ生地でカット数が少ない場合に使用します。 シリーズで使用する生地は、それぞれの特徴に合わせて織り上げています。

     

     

    パターン フィーチャー レイアウト

     

    柄の特徴を持つ生地に使用され、生地の方向が変わると柄の形に影響を与えます。

    チェック柄、ストライプ柄、アシンメトリー柄の生地に合わせたレイアウト。 針テーブルで行うと、より良い結果が得られます。 柄の配置は、生地の糸方向の柄の特徴を考慮して配置します。 柄物の敷き方は柄の向きが重要なのでワンウェイマーカーを投げます。 このタイプの生地では、敷設は一方向に適用されます。

     

     

    チューブ生地の敷設

     

    丸編み生地の敷き方です。

    生地の両側が閉じています。 中断された敷設テーブルは、管状の布地を敷設するのに適しています。 敷設は、チューブ生地延展機を使用するか、手で行うことができます。 生地の伸びと伸びの両方を避けるように注意する必要があります。

     

    敷設

     

     

     手敷き

     

    敷き込みとは、既製服やアパレル関連製品に使われる嵩高い素材や生地をボール状にして裁断する工程です。 一方、敷き込みは、裁断順序に従って(パターン、フェザー、パイル、適用されるモデルの特性に応じて)生地を裁断台に層状に敷設するプロセスです。

    企業の生地、素材、モデルの特徴、生産および設備能力に応じて、さまざまな方法と技術を使用して作られています。

     

    切断プロセスの基本的なカテゴリは次のとおりです。

     

    • カットレイアウト(レーベルプラン)
    • 敷設工程
    • 切断工程
    • 床のマーキング(出会い)
    • 規制

     

    それらはトランザクションです。

     

     

     

     

    レイ14

     

     

     

    手敷きは、小規模なワークショップで広く使用されているシステムです。 手敷きとは、カッティングテーブルの上で1人が生地を向かい合わせに引っ張り、生地を重ねて置き、マーカーの頭をハサミで切るプロセスです。 疲れやすく、マーカーのスロー速度が遅いこのシステムでは、マーカーの最初と最後に最大 12 ~ XNUMX cm の生地の損失 (損失) が生じる場合があります。

    レイ プランでは、パターンが平らに終わるラインがカッティング テーブルにマークされます。 ファブリックボールがマーカーで終わった場合、これらのラインを考慮して、ラインの後ろから少なくとも 10 cm 離れて、敷設プロセスが続行されます。 テーブル上のこれらのマークにより、ファブリック ボールの端にあるマーカー画像に戻る必要がなくなります。

     

    手動散布機(手動)

     

    ユーザーは、テーブル上の機械の動きを提供します。 機械は、ユーザーが機械のハンドルを持って移動します。 したがって、拡散速度は使用者の歩行速度に等しい。 これらはモジュラーです。 同じ工作機交換で、ジグザグ張り、重ね合わせ、チューブ生地張りができます。

     

     

     

     

    レイ15

     

     

     

     

     

    ここ;

     

    • スプレッダー: 機械を使う人は敷設をする人です。
    • フロントホルダー: マーカーの長さに合わせてマーカーの先端にテーブル上に置くホルダーです。
    • 後部ホルダー: マーカーの敷設開始点に置くホルダーです。
    • 切断装置: オーバーラップ方式により、敷設中のマーカーヘッドをカットする装置です。 ジグザグ装置:ジグザグ敷設法による敷設時に機械に搭載される装置です。
    • チューブ クロス装置: チューブ生地の幅に合わせて、幅の異なるプーリーシステムを機械に装着できる装置です。

     

    裁断装置、ジグザグ装置、またはチューブ装置のいずれかが、生地や敷設形状に応じて機械に取り付けられます。 マシンの移動開始点と終了点は、マーカーの長さに応じてユーザーが設定します。 生地を重ねる工程で重ねる生地の枚数は、機械のカウンターから監視されます。 カッターがオーバーラップして動作するために、ユーザーは関連するキーを押します。

     

    • 生地を手作業で敷く際の考慮事項
    • 最大、つまり最大舗装高さを考慮する必要があります。
    • 各層は緊張せずに敷設する必要があります。 そうしないと、敷いてカットした後にサイズが小さくなります。
    • 生地の表面の特徴に注意して敷設する必要があります。
    • よこ糸のずれを修正する必要があります。 これは、ストレートの長さの糸にとって重要です。
    • 最終端は 90 度であることに注意してください。
    • 生地の折り目の少なくとも XNUMX つの端の重なり、つまり滑らかであること

     

    しなければならない。

     

    機械による敷設 布を機械の上に置き、テーブルの上を前後に動く機械が布をテーブルの上に置きます。

     

    生地延展機

     

    生地延展機は、マーカー延展プロセスを高速化するために開発された機械です。 生地敷設機を使用する目的は、生地の層が敷設、生地、時間、および人員の節約において滑らかであることです。 布張り機は XNUMX つのセクションに分かれています。

     

    半自動散布機

     

    これらの機械には、動きを管理するモーターが装備されており、速度調整レバーで機械を使用する人が機械の速度を調整できます。 これらのマシンには、ファブリック エッジ コントロールを装備できます。

     

     

     

     

     

    レイ16

     

     

     

     

    全自動生地延展機

     

    これらの機械では、生地を敷設する際のボールの機内への配置、エッジ制御、速度設定、敷設開始点と終了点の設定、敷設終了時の機械の停止などの機能がコンピューターによって設定されます。機械。

    テーブル上のマシンの動きは、マシンによって実現されます。 機械にオペレータキャリアが搭載されているため、機械はテーブル上を移動しながらユーザーと一緒に移動します。 ユーザーの義務は、何らかの介入が必要になった場合に備えて、生地を追跡し、機械のコントロールパネルを介してスムーズに敷設することです。 マシンには「タッチスクリーン」タッチコントロールパネルがあります。 このパネルのプログラムのおかげで、機械は手動または自動で使用できます。 重ねる枚数、重ねる長さ、重ねる形状(ジグザグ・重ねる)を機械のパネルからプログラム。 スプレッダーはモジュラー構造です。 装置の変更により、同じ機械でジグザグまたは一方向の広がりを行うことができます。

    モジュール構造には、スプレッダー、フロントホルダー、リアホルダー、カッティング装置、ジグザグ装置があります。 このタイプのマシンは主に織物に推奨されますが、アウターに使用されるニット生地にも使用できます。 ペーバーでは、生地の特性に合わせて機械のテンション設定を決定し、敷設前に試打を行い、生地に適したテンション設定をプログラムに読み込みます。 機械の移動開始点と終了点は、マーカーの長さに応じてプログラムに入力されます。 生地を重ねる工程で重ねる生地の枚数は、機械のパネルから監視されます。

     

     

     

     

    レイ20

     

     

     

     

    テーブル上の機械の正常な動作のためには、機械に接続される電気システムが良好でなければなりません。 したがって、バスバーシステムをお勧めします。

     

    バスバーシステム

     

    マシンのユーザー側の反対側にあります。 それは、テーブルに沿って機械に電気を途切れることなく定期的に伝送します。

     

     

     

     

     

    レイ18

     

     

     

     

     

    コンピューターシステムの生地延展・裁断機

     

    コンピューターシステムで生地を広げて裁断するこれらの機械は、この分野ではカッターとも呼ばれます。 このシステムは高価ですが、敷設と切断の両方を行うため、非常に機能的です。

    この方法では、操作はコンピューターを使用して行われます。 コンピュータ リーダーはテンプレートをナビゲートし、テンプレートをスキャンしてメモリに転送します。 インポートされたテンプレートが表示されます。 生地幅は画面上でペン先で描くことで決まります。 テンプレートは最も経済的な方法で配置され、レイアウト プランが準備されます。

     

     

    機械で敷設する際の注意点

     

    ファブリック層のレイアウト: ファブリック層を重ねて配置します。 布の折り目の一方の端が常に一直線になるように注意し、布の折り目がマーカーの最初と最後で等しくなるように注意する必要があります。

     

    ファブリックプライの敷設

     

    パステル生地を重ねる際は、生地が伸びたり緩んだりしないように注意してください。

     

    緊張したレイ

     

    生地に力を加えると生地が伸び、このように敷かれることを意味します。 伸縮性のある生地層は敷設の最後に元の位置に戻り、マーカーの長さが短くなります。 生地を重ねる際の張力が大きいほど、レイアウトした生地と裁断した生地の縮みによるサイズ差が大きくなります。

     

    ゆったりセット

     

    それは、ファブリックの床面の変動と隆起によって明らかになります。 ゆったりとした敷設の結果、生地の消費量が増加します。 希望の張力で敷設するために; 特にスタンプタイプの生地では、配置する生地ボールを配置し、少なくともXNUMX日前に空の敷設テーブルに置く必要があります. したがって、生地が通常の張力に達するようにする必要があります。 伸縮性のある編地の敷設では、手で広げる代わりに、編地の敷設用に設計されたマーカー投入機を使用する必要があります。 他の生地タイプでは、マーカー散布自動機を使用して、希望の張力で敷設する必要があります。

     

    スプライス

     

    これは、マーカーの折り目で XNUMX つの生地端が重なることを意味します。 これは、生地の欠陥部分を切り取る必要がある場合や、生地のボールがマーカーの途中で終わってしまう場合の特殊なケースです。 各関節のオーバーラップは正確に調整する必要があります。 オーバーラップが多すぎたり短すぎたりすると、生地が過剰に消費されます。

     

     

    技術データ

     

    敷設に進む前に、企画担当者または裁断主任からのカッティングシートを見て、裁断する生地の羽毛、柄、パイル方向を決定し、裁断順序と重ね枚数を確認する必要があります。

     

     

    %AM、29% 399% 2020 11%:%May in 衣服 5349回読む

シリーズ