円錐整経機
  • 円錐整経機

     

     

     

     

    092ティッシュ 

     

     

     

    織機の生地側から見た縦方向の糸を経糸と呼び、綿球の長さ方向の糸を経糸と呼びます。 製織とは、たて糸とよこ糸を直角に結び合わせることです。 織機で生地を織るのに必要な経糸は、織準備室のボビン(別名経糸ビーム)と呼ばれる円筒状の部品の上で直接使用することはできません。 織機に適したビームと呼ばれる大きなリールに移す必要があります。 織る生地の特性(たて糸の本数、たて糸の色柄、たて糸の長さ)に合わせて、糸同士を平行に同じ張力で織りビームに巻き付けます。 ワープ準備 これは呼ばれます。

     

    製織準備工程の一つである経糸準備工程。 お客様のご要望に合わせて、製織企画部門からの作業指示に従い、糸をビームに移し替えます。 レヴェントと呼ばれる大型のリールは、各織機メーカーが独自に設計した金属部品です。 縦糸を必要な特性に応じてビームと呼ばれる大きなリールに移す工程で使用される製織準備機。 整経機 これは呼ばれます。

     

    これらの機械は、コニカル整経機とストレート(シリアル)整経機の XNUMX つに分けられます。 コニク ve シリアルワープ 機械間の最も明白な違いは、連続整経機では、縦糸がビームに直接巻き付けられることです。 一方、円錐整経機では、糸はまずドラム(シリンダー)にカルバと呼ばれる経糸群の形で巻き取られ、次にビームに移されます。.クリール、 整経機でボビンを並べる金属台です。 クリールは、ボビンから出た糸端が均等な張力で互いに平行かつスムーズにビームに移送されるようにする最も重要な要素です。 現在使用されているクリールには、コニカルボビンが使用されています。

     

     

    091ティッシュ

     

     

     

     これにより、糸が多くなり、搾乳が容易になります。 整経機では、生産計画からの作業指示に従い、ワープサークルの情報に合わせてボビンをクリールに投入します。 この位置合わせプロセスは、クリールの下隅と上隅から開始する必要があります。上から開始する場合は下に、下から結ぶ場合は上に行う必要があります。 縫製を間違えると不良生地が出てきます。 整経機がスムーズに稼働するためには、制御システムがエラーなく動作する必要があります。 準備するたて糸は、同じ張力でエラーなくビームに巻き付け、切れた場合はすぐに介入する必要があります。.

     

    適切なクリールに見られる機能。

     

    1- たて糸が切れたり、ボビンが排出されたりした場合は、機械を停止する必要があります。

    2-糸止めには同じ量のネットが必要です。

    3-糸が通る部分は摩擦の少ない滑らかな素材で、

    4-クリール部分は、ロボット掃除機で継続的に掃除する必要があります。

    5-制御システムとシステムの警告信号は高レベルでなければなりません。

    6- コイルの組み立てを容易にする方法で製造する必要があります。

     

    たて糸がボビンとして取り付けられている金属製のスタンド、つまりクリールは、「V」に分類され、構造が平行です。

    クリールに同じ縦糸が続く機械では、ボビンを冗長化して用意することができます。 予備コイルの下端をもう一方のコイルの上端に結んで、したがって、最初のボビンのたて糸がなくなると、機械を停止することなく、もう一方のボビンがアクティブになり、プロセスが続行されます。 ボビンを取り付けた軸は可動式ですので、仕上がったボビン軸を回してボビンと交換することができます。

     

     

    093ティッシュ

     

     

    クリールに取り付けるコイルに以下の特徴が見られる場合、操作が容易である。

     

    1-コイルの寸法は適切に選択する必要があります。 大きいと隣のコイルとの接触時に断線の原因となります。

    2-コイルに使用されるボスは壊れてはいけません。

    3- コイル巻きはよく行われなければなりません。

    クリールでは、たて糸を適切に運ぶことができます。 3つのセクションがあります. これらは:

     

    1-ブレーキアセンブリ

     

    たて糸がボビンから一定の張力で解かれることを保証します。 これに使用されるメカニズムは、紡績機のテンション装置に似たシステムです。 たて糸がボビンから均等な張力で解かれ、機械の停止中に糸の張力が一定に保たれるようにするセクションです。 各ボビンから取られた糸端は、ブレーキに通されます。 たて糸を同じ張力でビームに巻き付けることは、織る生地の品質に直結します。 クリールのブレーキ装置の設定は、常に制御されている必要があります。

     

     

    075ティッシュ

    2スレッドプローブ

     

    ブレーキシステムに通された経糸は、それぞれセラミックホルダーとスレッドプローブに通されます。 糸ホルダーは、糸が適切に運ばれるようにします。たて糸が切れると、糸プローブが落下し、ミシンが停止します。 機械が停止する時間の無駄があってはなりません。 ビームの経糸が抜けてしまうと、生地が織られて不良品となり、時間的・経済的損失につながります。 糸プローブは、たて糸が切れたり、ボビンの糸がなくなったりすると自動的に機械を停止させます 糸切れで機械が停止すると、プローブのある部分のランプが点灯し、糸が通るフックが作動します持ち上げて、切れた糸の位置を特定します。

     

     

     

    078ティッシュ

    3スピンドル

     

    クリールにコイルを配置する部品です。 ボビンを安定させ、ボビンに糸をスムーズに巻き戻すのに役立ちます。

     

     

     

     

    079ティッシュ

     

    クリールのメンテナンスは次のように行われます

     

     

    1-金属部品をチェックし、破損や変形した部分を修正します。

    2-ブレーキ、スレッドプローブ、スレッドホルダーをチェックし、欠陥のあるものを交換して設定します。

    3-欠陥のあるコントロールランプとケーブルシステムはオーバーホールされています。

    クリールが目的の縦糸を準備するために必要なすべての調整を行う必要があります。 クリールのメンテナンス中は、次のことを考慮する必要があります。

    1-針に破損や亀裂がないかチェックする必要があります。

    2-糸ブレーキが同じ重量であるかどうかを確認する必要があります。

    3-糸プローブの感度をチェックする必要があります。

    4-ガイドの亀裂、亀裂、粗い部分をチェックする必要があります。

     

    ワープ クリールは、その効率を高めてスムーズに稼働させるために、常にチェックする必要があります。

    クリールから出た経糸をコニカル整経機で規定幅のバンド(バンド)状にドラムに巻き付け、コニカルプレートを任意の数・長さで織り上げて織る工程です。ビーム。 コニカルワープと呼ばれる理由は、ドラム(食器棚)の縁に円錐形の部分があるからです。 コニカルワープマシンでワープを準備するために実行する操作は、次のようにリストできます。

     

    1- たて糸ボビンをクリールに並べ、

    2- 糸をブレーキ装置、糸プローブ、ガイドに通し、

    3-縦糸をクロスとコレクションコームに通し、

    4-テーパーの調整、

    5-何メートルの経糸を準備するか、

    4-経糸数に応じてハートの数を決定し、

    5-太鼓にハート型の経糸を結び、

    6-心を交差させ、

    7-ビームを機械に取り付ける、

    8-Wap 糸はエラーなくビームに巻き付けられます。

     

     

    円錐ワープ機械の部品と機能

     

     

     

    080ティッシュ

     

     

    1-クリーラー

    2-クロスコーム

    3-スポーツ

    4-コレクションコーム

    5コニカルドラム

    6-レベンド受け部

     

    1-クリール

    コニカル整経機でボビンを並べる金属台です。 クリールは、ボビンから出る糸端が同じ張力で、互いに平行に、スムーズにドラムに移送されるようにする最も重要な要素です。 ドラムの後、転送はビームで行われます。

     

     

     

     

    074ティッシュ

     

    2クロスコーム

     

    経糸同士の絡みを防止するため、クロスコームで交差させます。 クロスコームは、片方の歯が完全に開いていて、もう一方の歯が真ん中に短い開口部があるコームです. クロスリードの役割は、たて糸を交差させて切り離すことです。 クロスコームは特別に製作されたコームです。 クロスオーバーの場合、クロスコームの各歯に糸が通されます。 すべての心に(ハンクまたはバンドとも呼ばれます) 最初にクロスコームを上げてノズルにXNUMX本目のクロス糸を通し、次に下降させてXNUMX本目のクロス糸を通す。

     

    081ティッシュ

     

     

    3-サポート

     

    コニカルワーピングマシンでは、クロスリード、収集リード(Vコーム)、キャリパー、スレッド固定およびスライド装置、クロスアーム、収集リードの円錐度に応じて調整できる装置および定規などのコンポーネントを搭載しています。 サポートは、たて糸がドラムにコイル状に巻かれている間に、コアを円錐部分に向かって移動できるようにする部分です。コニカル整経機のコレクティングリードの幅を可倒式で調整できるエレメントです。 ハートの幅とcm単位の密度を決定することにより、クロスリードからのたて糸がドラムに確実に巻き付けられます。 ピッキングリードの数は、リード密度と同じです。

     

    5-サポート スライド

     

    円錐整経機では、スレッドの役割は、ドラムにコアを巻き付けながら、支持装置をドラムの円錐部分に向かってスライドさせることです。 そりのコレクションコームは、各ハートの端でハートの幅にスライドされます。 ハートの幅は、ハートのワープワイヤーの数をリードの数で割ることによって求められます。

     

    6-コニックドラム

     

    円錐整経機では、円錐板または円錐部分があり、たて糸がコイル状に巻かれている長さ4〜5メートルの中空シリンダーは、円錐ドラムと呼ばれます。 太鼓にはハートの端を巻き付ける釘と、クロスロープを取り付ける部分があります。.

     

    7- レベル取得パート

     

    ドラムに要求された合計数の経糸が完了すると、すべての経糸がドラムの背面に取り付けられたワープビームに同じ張力で転送されます。

    円錐整経機は​​、サポート、ドラム、ビーム受け部品のメンテナンスで構成されています。 機械のギア、チェーン、および回転部品は、メンテナンス中に一定の間隔で適切なオイルの選択と比率で潤滑する必要があります。 金属部分が機能を果たさない場合の変化があります。 さらに、電気接続システムの一般的な制御が不可欠です。

     

     

    087ティッシュ

     

    圧縮空気は、一般的にコニカル ワーピング マシンでクリーニングに使用されます。 最近の機械では、自動移動式掃除ロボットが特にクリール部分の掃除に使用されており、機械がカバーするエリアの床掃除も必要です。

    コニカルワープ機の設定は、準備する経糸に関係しています。 経糸の準備では、特にコニカルワープ機のドラム部分で成形される金型の設定が非常に重要です。 ビームに巻く経糸をクリールから取り出し、サポートと計量を調整し、心臓部であるドラムに巻く際にテーパー調整を行い、最後にビームに巻き取る際に調整を行います。 . これらの設定を行うことで、円錐整経機の必要な部分が調整されます。

    コニカル整経機の整備・調整にあたっては、すべての機械が機械メーカーの指示に従うことが不可欠です。 機械にたて糸がある場合は、糸が損傷しないように予防措置を講じることが不可欠です。 メンテナンスは、関連する部分のみをカバーする必要があります。

    潤滑プロセスで使用されるシン、グリース、および作動油が適切であり、必要な割合で使用されるように注意する必要があります。また、それらは機械の関連する部分でのみ使用し、機械に近づけないようにしてください。環境、つまり、アパートの床と潤滑してはならない機械の部品。

     

    コニカルマシンでの計算

     

    コニカル整経機で所望の巻きを作るためには、ドラムに巻く芯の数、テープの幅、集合コームの歯に通すワイヤーの本数、クリールは、以下の式で計算する必要があります。

    コニカル整経機でエラーのない巻き取りプロセスを実現するために、次の式が使用されます。

     

    クリールのレポート数 

     

    コニカルワープ機のクリールのレポート枚数を求める公式です。 .

    クリール内のレポート数 = クリール内のコイル数 / レポート内のワイヤ数

     

    クリールのボビン数

     

    これは、心臓でのレポートの繰り返しにレポート ワイヤの数を掛けることによって求められます。

    クリールのコイルの数 = 心臓でのレポートの繰り返し x レポート ワイヤの数

     

    テープ数

     

    円錐整経機で巻くのに必要なテープの本数を求める公式です。

    テープの数 = たて糸の総数 / クリールのボビンの数

     

    バンド幅

     

    クロスコームで示されるクリールのボビン糸の本数が占める面積を cm で表したものです。 このプロセスには、次の XNUMX つの式が使用されます。

    バンド幅 = ビーム内のワープ幅 x テープ ワイヤ数 / 合計ワープ ワイヤ数 または テープ幅 = テープ ワイヤ数 / リード数

     

    集合櫛の歯を通過するワイヤの数

     

    円錐整経機の集合筬の各歯から通すべき糸の本数を計算した式です。 

    ピックコームの歯を通るワイヤーの本数=バンドワイヤーの本数/バンドの幅×ピックコームの1cmあたりの歯の数

     

    コイルをセラーに引き込む際に考慮すべきこと

     

    コニカルワープマシンの使用中に新しい仕事のためにクリールを準備するには、最初にクリールをきれいにする必要があります。

    クリールのチェックは欠かせません。 金属部品、スピンドル、ブレーキ装置、張力装置、電子制御装置、クリールの電気部品など、必要なすべての部品をチェックする必要があります。

    たて糸はボビンに摩擦なしで、またはボビンの配置で最小の摩擦で巻き付けられる必要があります。 また、同じ作業が続く整経機では、予備としてボビンを用意する必要があります。 したがって、ボビン交換のために機械を停止する必要はありません。

    コニカル整経機で整経する経糸は、一定の高さをつけてドラムに巻き付ける必要があります。 この高さは、ドラムのブレードを調整することで可能です。 機械の円錐角調整は、準備する経糸の本数や種類などの特性によって決まります。

    クリールから取られたたて糸は、葦に通されて結ばれ、コニカルバタリオンのフック(釘)に取り付けられます。準備するたて糸の長さは、データとして機械に入力する必要があります。 ビームに巻き取る経糸の長さの値は、機械の種類によって手動で機械式カウンターに入力するか、電子機器を搭載した機械ではデジタル入力することで、目的の経糸の長さに達すると機械が自動的に停止します。 一方、ドラムのスクロールは経糸の太さに応じて調整されます。

    コニカル経糸による経糸解舒工程での交差の目的は、特に有色経糸模様の製織において、色柄を保護することと、切れた経糸を容易に見つけて分離することである。 交差工程とは、経糸を形成する工程であり、製織準備工程および製織中に経糸が規則正しい順序に保たれるようにする工程です。 最初のマウスピースはクロスコームで開き、このマウスピースはクロスロープを介してドラムに接続されます。 XNUMX 番目のマウスピースを横方向に開きます。 このマウスピースでも同じプロセスが行われます。 このようにして、クロスオーバープロセスが完了します。

    コニカルワープマシンでは、たて糸をコイル状にドラムに巻くプロセスの間、糸張力を制御下に置かなければならない。 ドラムの片側が円錐形になっているのは、経糸層の滑りを防ぐためです。 ドラムの最初のセクションでの糸の巻き取りプロセスは、かなりの速度でセクションを左右に動かすことによって達成されます。 XNUMX枚目のハートの巻き上げ工程が終わると、ピックアップリードをXNUMX枚目のハートのワインディングポイントまでキャリパーで引っ張り、対角線上で結ぶ作業をハートごとに繰り返して、巻き上げ工程を完了します。 これらは等しい張力であり、同じ長さのワープ ハートの作成です。

    ドラム上で全数のたて糸が完成すると、織機はビームスロットに配置されます。 太鼓から取った端を小さなハートに結び、梁の穴に取り付けます。 たて糸は、ドラム上で均等な張力でビームに転送されます。 巻かれた縦糸の幅に応じて、ドラムから織りビームの幅を調整する必要があります。 そうしないと、ビームに巻き取りエラーが発生します。

    ドラムに巻かれた経糸を、円錐整経機の織りビームに移す工程です。 たて糸がドラムからビームに巻き取られると、ビームの内径が大きくなります。 一方、ビームの周速は一定のままで、同じ張力で糸の巻き取りを調整します。 したがって、ドラムから製織ビームに糸を巻き取るのにかかる時間は、ビームの巻き取り速度が一定であるため、縦糸の長さに正比例します。 ビームを回すことで経糸を全体に引き寄せ、巻き取りを行います。 ドラムの回転速度は適切な張力で維持されます。

    投稿者 %PM、01% 833% 2016 21%:%Jul in 織り 8897回読む

 

戦争19