下縦糸と上横糸が接続された二重層生地ニット
  • 下縦糸と上横糸が接続された二重層生地ニット

     

     

    下経糸-上緯糸連結方式では、下経糸が上緯糸の上を所定の箇所のみ通過し、上下の生地を確実に連結させます。上部横糸接続は XNUMX つの異なる縦糸グループで構成されているため、グループを描画するのが適切です.ファブリックの糸とサブファブリックの糸の相互作用を調べるため、両方の糸グループが含まれている必要があります. このため、通常は最初の XNUMX つのスレッドが優先されます。

    例:1

    アッパーメッシュ

               3

    D --------------- Z

                       1

    下三つ編み

           3

    D-----------------Z

                   1

    比率が2/1になるように ボトム縦糸-トップ横糸リンク二重層生地織りたて糸とよこ糸の引き抜き、引き込みとドビープラン。

    1-レポート領域を決定します。 上下の生地は、経糸と緯糸を一定の比率で仕分けします。 上縦糸、上横糸から選別します。

    ここ;

    なお、上編成は経糸4本、緯糸4本、下編成は経糸4本、緯糸4本である。

    2- 上部縦糸と上部横糸の交点にある正方形。

             3

    D-----------------Z

                   1

    生地の織りが配置されています。

    3-下の縦糸と下の横糸の交点にある四角に。

         3

    D-----------------Z

                   1

    下の生地の織りが配置されています。

    4-上経糸と下緯糸の交点に位置する四角形に持ち上げ記号 ( / ) が描かれます。

    ここ;

    XNUMX 層のファブリック構造では、すべての上部の縦糸が下部の横糸になければならないことを忘れてはなりません。

    5-下の縦糸が上の横糸の上に上がるポイントが決定されます。 指定したポートの削除マークが解除されます。

    ここ;

    これらの接続ポイントを選択するときは、周囲の領域がワープに支配されるように注意する必要があります (フル スクエア)。

    6-接続ポイントは、メッシュ上に塗りつぶされた四角として表示されます。

    7-経糸部の描画と接続点のマーキング

    ここ;

    縦糸の部分は、上1番横糸と下4番横糸につながります。

    8-よこ糸部分を描き、接続点に印を付けます

    ここ;

    横糸の部分は、下縦糸の第1番と上縦糸の第3番につながります。

    9-下書きとドビープランを描く。

     

     

    1cf1

     

     

     

    1cf2

     

     

     

    1cf3

     

     

     

    例:2

    アッパーメッシュ

             2

    D ----------------- Z

                     3

    下三つ編み

           3

    D--------------- Z

                 4

    比率が1/1になるように ボトム縦糸-トップ横糸リンク二重層生地織り、 たて糸とよこ糸の引き抜き、引き込みとドビープラン。

    1-レポート領域を決定します。 上下の生地は、経糸と緯糸を一定の比率で仕分けします。 上縦糸、上横糸から選別します。

     

    ここ;

    なお、上編成は経糸4本、緯糸4本、下編成は経糸4本、緯糸4本である。

    2- 上部縦糸と上部横糸の交点にある正方形。

             2

    D-----------------Z

                   3

    生地の織りが配置されています。

    3-下の縦糸と下の横糸の交点にある四角に。

           3

    D-----------------Z

                   4

    下の生地の織りが配置されています。

    4-上経糸と下緯糸の交点に位置する四角形に持ち上げ記号 ( / ) が描かれます。

     

    ここ;

     

    XNUMX 層のファブリック構造では、すべての上部の縦糸が下部の横糸になければならないことを忘れてはなりません。

    5-下の縦糸が上の横糸の上に上がるポイントが決定されます。 指定したポートの削除マークが解除されます。

     

    ここ;

     

    これらの接続ポイントを選択するときは、周囲の領域がワープに支配されるように注意する必要があります (フル スクエア)。

    6-接続ポイントは、メッシュ上に塗りつぶされた四角として表示されます。

    7-経糸部の描画と接続点のマーキング

     

    ここ;

     

    縦糸の部分は、上1番横糸と下4番横糸につながります。

    8-よこ糸部分を描き、接続点に印を付けます

    9-下書きとドビープランを描く。

     

     

    1cf4

     

     

     

    1cf5

     

     

    投稿者 %PM、13% 629% 2018 17%:%Apr in パターン

下縦糸と上横糸が接続された二重層生地ニット