ロータースピニングの重要性
  • ロータースピニングの重要性

     

    リング紡績と比較したローター紡績の際立った特徴は、大量生産の可能性です。 この可能性は、ローターと巻線の速度を継続的に向上させた結果、継続的に改善されてきました。 ローター ヤーンは、リング ヤーンよりも安価に製造でき、問題の用途分野に適しているため、常に成功を収めてきました。

     

    ローター紡績システムの XNUMX つの生産段階 – 紡ぐ、巻く – XNUMX台のマシンに統合されています。 したがって、最初のステップとして小さな紡績ボビンを巻かなくても、すぐに販売可能なクロス巻きパッケージを入手できます。 また、各紡績ポイントに統合された糸監視システムとワックスがけ要素のおかげで、次の移送ステップが不要になります。 カードまたはドローフレームスライバーは、ローター精紡システムで直接処理できるため、リング精紡で必要なロービング生産工程も省略されます。 最後に、ローター精紡機は、リング精紡機よりもオペレーター操作の自動化が容易です。 すべてのオペレーター操作の自動化は現在、高性能ローター紡績機で標準化されており、自動缶とボビンの移送も多くの繊維工場で必要になっています。 ローターヤーンを市場に導入するだけでなく、リングヤーンの構造的特徴からローターヤーンを区別することにも技術的課題がありました。

     

    ローターヤーンがより好ましいという事実は、それがいくつかの最終製品グループ、例えば織られたデニム生地および編まれた生地で首尾よく使用されていることを示しています。 一方では糸の特性を変更し、他方では紡糸安定性を継続的に改善することで、ローター糸の新しい応用分野が開発され続けています。 ローター紡績の重要な特徴の XNUMX つは、スライバーの開糸と糸の取得、それぞれ得られた糸の撚りと巻き取りの機能段階を分離することです。

    これを実現するには、ファイバーバンドルを少なくとも XNUMX 点で中断する必要があります。 このプロセスは、ドロー フレームまたはカード スライバーを単一の繊維に開く段階と、撚りプロセスが行われるローターの溝にこれらの繊維を集める段階の間に行われます。 各繊維は、開繊ローラーとローター溝の間の移動中に、より緊密な繊維束から発生し、再びローター溝に集められるため、ここで開糸端について言及できます。 ローター紡績システムによる糸生産は新しいものではありません。

     

    • この方法の最初の特許出願 (Berthelsen による基本 (最初の) ローター特許) は 1937 年に提出されました。

     

    • 最初の使用可能なデザインは、1951 年に Spinnbau の J. Meimberg によって提案されました。 しかし、この設計は、その性能がうまくいかないことが判明したため、開発されませんでした。

     

    • 1960 年代に、このアイデアはチェコスロバキアで再考され、産業用途に適した最初の機械が 1965 年のブルノ見本市で展示されました。 同年に開催された BD 1967 マシンの発表は、200 年の ITMA と並行した展示会で行われました。 これらの年は、紡績工場でのローター紡績の商業利用が前面に出た年でもありました。

     

    • 1970 年代初頭、Rieter、Schubert & Salzer、Platt の各企業がコンソーシアム (企業グループ) を結成してローター スピニングを開発し、その結果、ITMA 1971 ではさまざまな段階の多くのプロトタイプが展示されました。 その後数年間、ローター紡績システムの技術的および経済的可能性の両方を開発するために集中的な作業が行われました。 これらの体系的な研究は、次の見出しの下で実施されました。

     

    • 糸質に配慮し、ローター糸番手範囲を拡大。

     

    • ローター ヤーンの摩耗特性を最適化します。たとえば、製品に対するグリップを改善します。

     

    • 下流の加工段階で急激に性能が向上することを考慮して、糸の物理的特性を改善します。

     

    継続的な研究開発の結果、紡糸要素と条件の改善が達成されました。 そのため、ローターヤーンとリングヤーンの区別がつかなくなってきた。 ローター紡績機自体は、もはや従来の意味での単なる紡績機ではなく、 糸にテープ

      

    高い生産能力これは、コンピューター化された複雑な (複雑な) システムです。 経済的苦痛の進展は、技術の発展にかかっています。それよりも顕著です。 たとえば、1960 年代のロータースピニングの導入以来、30 000 rpmのローター速度実際には、最小レベルから 160 rpm に増加しました。

    今日(2005 年)、技術的には問題なく 170 rpm に達することが可能です。 リングスピンドルと比較して、ローター精紡機は000倍から5倍の生産能力があります。 賃金水準の高い国では、Ne10 番手までの糸のローター紡績は、リング紡績よりも経済的です。 世界中に 60 万を超えるローターがあり、ステープル ファイバーの 8% が紡績されています。 一部の国(米国、ドイツなど)では、総糸量に対するローター糸の比率は約 20% です。 紡績機の製造における開発と同様に、ファッションおよびテキスタイル用途の開発は常に増加しており、これらの開発はローターヤーンの適用分野も変化させています。

     

    エアジェット生産方式による糸は、特にアメリカで一定のシェアを確保しています。 集中的な開発にもかかわらず、純粋な綿の用途における特定の制限は、より幅広い用途への障壁となっています。 近年、自動ローター精紡機の世界シェアは約35%。 この数字は、中国の非自動紡績機の数が多いことが影響しています。 世界の他の地域では、その割合ははるかに高くなっています。

    自動ローター精紡機が市場に参入して間もなく、トルコでのシェアは 80% を超えました。 今日では、ドローフレームとローター精紡機の間の自動缶移送システムや、倉庫またはキュー内の他の段階へのパッケージ移送システムもあります。 これは、ローター紡績の経済発展に貢献してきました。 ローター紡績は、長さ 60 mm (2.25 インチ) までの繊維に適しているため、古典的な短繊維綿の範囲をカバーしています。 残念ながら、より長いステープル ファイバーを処理するために他のメーカー (Schubert & Salzer、Duesberg Busson) によって開発されたより大きなローターは、市場で独自の地位を維持できませんでした。 ローターヤーンの番手範囲は主にNe6~Ne40であるが、一般的なNe3~Ne60番手範囲をカバーしているが、上記範囲外の総生産糸量は少ない。 綿繊維は、ローター紡績機で処理される繊維の中で最も優勢であり、総糸量の約 55% を占めますが、すべての短い短繊維は、このシステムで混紡または単独で紡績することができます。 綿繊維に加えて、ポリエステル (PES) 繊維もローターヤーンの生産に大量に使用されます。 世界中で繊維消費量が年間約 3% 増加することにより、ポリエステル繊維の量が増加しています。 に会う。

    ビスコース、モーダル、ポリアクリル、それらの相互のブレンド、および綿繊維とのブレンドは、糸の総体積の一定の割合を占めています。 ただし、これらおよびその他の天然および合成繊維の加工は、主にファッショントレンドによって決定されるため、総糸量におけるそれらの比率は季節的および地域的に変動します. 一部のアプリケーションで経済的な観点から興味深いもう XNUMX つの点は、以前は使用できなかった紡績工場の廃棄物をローター紡績システムで使用できることです。

     

    この紡績方式の導入により、織編物にローターヤーンが使われるようになりました。 多くの場合、ローターヤーンの使用はリングヤーンよりも優れた利点を提供し、より高品質の製品を生産することができます。 まず第一に、ローター糸は、その独自の特性が製品に求められる品質と一致する場合にうまく使用できます。 ローター ヤーンは主に、既製服部門のデニム織物、ズボン生地、スポーツウェア、ブラウスと下着、パイル製品、家具製造販売業の生地で使用されていることがわかります。 さらに、アパレル業界の靴下とセーター、ホームテキスタイルのシーツと室内装飾用ファブリック、エメリークロス、オーニング、ブラインドファブリックなどのテクニカルテキスタイル用途も、注目に値する使用分野として挙げることができます。

     

     

    投稿者 %PM、27% 808% 2016 21%:%May in スレッド 2962回読む

ロータースピニングの重要性

ローター精紡機は、自動化への適合性、生産速度の高速化、紡績プロセスの一部のプロセスステップの省略、および人員とスペースの要件の大幅な削減により、世界中でますます使用されています。 技術の発展と並行して、使用領域も拡大しています。 オープンエンドスレッドは一般的に ニット製品、織物アウターウェア、デニム、ワークウェア、テクニカルファブリック 用途があります。 リング精紡機と比較して、生産速度が 10 倍になり、エンドダウンが減少し、機械効率が向上するため、企業の生産性が向上します。

 

 

 

rot1

 

 

オープンエンド紡績システムの目的

 

繊維をXNUMX本XNUMX本短冊状にして、それを集めて糸に結びつけ、糸に撚りがかかるようにすることです。

ストリップ状の繊維は、ストリップフィードコンデンサーを通過し、ストリップフィードローラーに到達します。 フィード ローラーの助けを借りて、ストリップは高速 (7.500 - 9.000 rpm) で回転するオープニング ローラーに送られます。 ここでの送り速度は、糸番手、ローター速度、撚り数によって異なります。 開繊ローラーは、送りローラーから受け取った繊維を回転方向に向けます。 この回転中に、繊維間に残ったゴミは、遠心力の効果で開繊ローラーによってゴミ収集バンドに注ぎ込まれ、中央のゴミ保管庫に収集されます。 ローターの高速回転 (50.000 rpm - 160.000 rpm) により、ファイバー伝送チャネルで空気の流れが発生します。 ファイバー伝送チャネルは、開繊ローラーからローターまでテーパーテーパーの形をしています。 この形状により、気流の速度はローターに向かって増加します。 ファイバーはファイバー伝送路を素早く通過し、高速で回転するローターに到達し、ローターの内壁に衝突します。 ローター内部の振動力により、ローターの内壁に当たる繊維は、ローターの溝にリング状の構造を形成します。 出口チューブとノズルから出てくるオープンエンド(内側部分のねじれのない)糸は、ローターに到達し、そこで繊維と接触するとすぐに、ローターの回転とともにねじれ始めます。 糸が巻き取りボビンによって引っ張られると、新しい繊維がローターに供給され続け、中断のない操作が開始されます。 撚り要素と巻き取り要素を分離することで、高い出力速度 (最大 200 ~ 250 m/分) が可能になります。 得られた糸は、ノズルと出口パイプを通過し、ドラフティング シャフトに到達します。 糸は、コットとドラフティング スピンドルを経由してスピン ボックスから出ます。 品質管理された糸巻き装置により、ボビンに巻き取られます。 糸を巻くボビンのサイズも大きく効率的です。 ミシンの稼働中に発生する糸切れや新しいボビンの組み付けは、ミシンの両側にあるロボットによって行われます。

オープンエンド紡績の原則では、使用される原材料の特性は、繊維強度、繊維の細かさ、長さ/均一性、および清浄度として重要な順にリストされています。 オープンエンド紡績では、リングヤーンに比べて長さがバックグラウンドに残ります。 短い繊維でも、OE ローター紡績で効率的に機能します。 重要なのは、より多くの繊維を断面積に収めることです。 ただし、純正ローターの繊維強度を低下させるような用途は避ける必要があります。 別の時点で、集塵剤を糸準備ラインに追加する必要があります。 糸の準備段階におけるすべての紡績システムの共通の目標は、繊維の平行度を可能な限り高め、洗浄プロセスと繊維配置を実行することです。 さまざまな紡績システムの優先順位に応じて、材料の洗浄段階では注意が必要です。 このため、以下のように OE ローター システム内のマシン パークを一覧表示することができます。 俵摘採機では、並んだ俵から小さな綿房をエアダクトに送り込みます。 ファイバーは、コンジットパイプに設置された金属探知機を通過します。 金属探知機を通過した繊維に金属部分が確認されると、デリバリパイプのフラップが向きを変えます。 金属探知機を通過した後、繊維は粗洗浄機に到達します。 配送パイプと空気の流れによって運ばれた繊維は、繊維入口チャネルを通過し、機械の開口部と洗浄ドラムに到達します。 このようにして、繊維のいくらかの開口および大まかな洗浄が達成される。 その後、繊維は異物分離装置を通過します。 異物を取り除いた後、繊維をミキサー機で混練します。 混合機の後、繊維はカードに到達する前に精密クリーナーとダスト吸収機を通過します。 カーディング機とドローフレームを XNUMX つの通路として通過する繊維は、オープンエンド精紡機でバンドの形に紡績される準備が整います。

これらの条件は、「可能な限りきれいな」綿を購入する必要性を強調し、さらに、高い洗浄効率とほこり除去効率を備えた優れた洗浄装置がローター紡績に大きな利益をもたらすことを示しています. 原綿には一定量の有機および非有機残留物、ほこり、植物粒子が含まれていますが、合成およびセルロースベースの人造繊維は一般に「クリーン」です。つまり、ゴミや異物(粗い繊維と巻き残り)。 これらの物質の大部分は、紡績準備およびカーディング操作中に適切な数のクリーニング位置で効果的にクリーニングすることによって除去できます。 ローター紡績機は大きなゴミの粒子や二次繊維を効果的に除去しますが、ほこりやその他の小さな二次物質は気流によってローターに到達し、ローターの溝に蓄積する可能性があります。 そのため、ローター紡績ではクリーンな原料が前提条件となります。

繊維の長さは、ローター紡績において支配的な繊維特性として現れないので、ローター紡績においてかなりの程度まで再生繊維を使用することが可能である。 再生繊維は、再開繊の過程で繊維長が短くなり、不均一になり、短繊維率が高くなるためです。 現時点では繊維強度の大幅な低下はありませんが、繊維は事前に洗浄および再処理されているため、きれいな状態です。 このように、リサイクルされた繊維とローター紡績システムの間には積極的なつながりがあります。 特に粗い糸や太い糸の生産では、より短いため安価な再生綿繊維を使用できます。 短繊維から中繊維の長さの綿および短繊維の含有量が多い (< 1 インチ/25.4 mm) 綿くずは、ローター紡績原理を使用してうまく紡績できます。 短繊維からの糸は、通常、高い撚り係数で紡がなければなりません。 しかし、短繊維から得られる糸の強度や不均一性などの物理的な繊維特性は、最終製品、たとえば、多数の繊維の存在がパイルにプラスの影響を与えるふわふわのリネン生地では、あまり役割を果たしません。効果。

織編物からのリサイクル材料または繊維廃棄物は、特にこの用途に適しているため、ローター紡績機で使用できます。 ただし、これらの低コストの原材料を紡績するための絶対的な前提条件は、これらの材料が単一の繊維に開かれていることです。 このプロセスには、さまざまなメーカーのさまざまな機械が適しています。 分離は、生地や糸の残りの切断と引き裂きから始まり、いくつかの段階で行われます。 この工程を怠ると、生地や糸のわずかな残滓がローターに到達した際に破れの原因となります。 非常に粗い糸の場合、生地や糸の残留物は破断の原因にはなりませんが、糸に取り込まれ、必然的に糸の太い場所として現れることがあります. ただし、繊維長が短くなると糸の品質が低下し、特に糸の強度や共通欠陥(細いところ、太いところ、ネップ)の数に影響するので注意が必要です。 したがって、特定の用途分野で使用するために、綿の廃棄物から糸を製造する必要があります。